車 売る 書類

車を売るときに必要な書類一覧と紛失した時の再取得手順

 

車査定 おすすめ

車を売るときに必要な書類は、普通自動車と軽自動車で違うって知ってましたか?

 

どうせあるだろうと思ってたら「1枚見当たらなくてピンチ!」なんて、管理人みたいになりたくなかったら、早めに準備しておいたほうが良いですよ。

 

普通自動車の売却に必要な書類

  1. 車検証
  2. 自動車税納税証明書
  3. 自賠責保険証
  4. 実印
  5. 印鑑登録証明書 2通
  6. 自動車リサイクル券
  7. ※住民票の写し(引っ越しなどで印鑑登録証明書の住所と現住所が違うときに必要)

 

軽自動車の売却に必要な書類

  1. 車検証
  2. 軽自動車納税証明書
  3. 自賠責保険証
  4. 認め印(シャチハタ不可)
  5. 自動車リサイクル券

 

1.車検証
大体の車は、助手席の前のグローブボックスに入ってます。車の説明書とかがまとまった大きい本みたいなのの見開きに挟まってます。

 

失くしたなんてことはあまりないと思いますが、即日再発行できるので万が一見当たらなくても焦らないで大丈夫。

 

お近くの運輸支局で再発行の手続きが出来ます。費用は手数料300円+申請用紙代100円の合計400円必要です。

 

時間が無い場合は、3,000円〜5,000円で車検証代行サービスを車買取店で行ってくれるので万が一場合はお願いしてください。

 

2.自動車納税証明書
毎年の自動車税を納税したときに渡される半券のような紙です。自動車税を納めてないと、車を売ることはできないですよ。

 

実は管理人これを失くしてました。いつも玄関にあるので油断していたらその年のだけないんです。

 

契約の時だったのでホントに焦りました。ただこちらも即日再発行が出来るので、軽自動車は市町村役場、普通自動車は最寄りの税事務所に行けばOKです。自分で再発行手続きをすれば費用も掛かりません。

 

3.自賠責保険証
自賠責保険証は車検証と一緒に大きい本みたいなのに挟まってます。

 

これを失くしていたら厄介です。自賠責保険は損害保険会社で加入しますが、保険証がないとどこの保険会社分かりません。自分も覚えていない場合は、車の購入先や車検をお願いした工場に確認してみてください。

 

4.実印・認め印・印鑑証明書
普通車は実印、軽自動車は認め印が必要です。

 

普通車の場合はさらに印鑑証明書も必要になります。役所で300円くらいで手に入れることが出来るので2通用意しておきましょう。

 

発行後3か月以内のものが必要になってきますので、期限に気を付けてください。

 

もし引っ越して印鑑証明書の住所と今の住所が異なる場合は、住民票も必要になりますので、一緒に手に入れてください。

 

5.リサイクル券
これも車検証と一緒にあります。

 

もしも無くなっていたら、証明書の代わりにこちらのサイトの下の図の赤丸の部分をクリックしてください。

車査定 おすすめ

 

車検証を用意して、車台番号・登録番号を入力して表示される「自動車リサイクル料金の預託状況」が証明書の代わりになりますので、プリントアウトして保管してください。
(利用可能時間 7:00〜24:00)

 

車を売るときに必要な書類のまとめ

いつも目に付くものじゃないので、私みたいな失敗をしない為にも早めに確認したほうが良いですよ。

 

上記書類外にも、車の買取金が振り込まれる口座情報も分かるようにしておけば安心ですね。

 

 

車査定 おすすめ