車査定 要注意

車一括査定サイトの利用で要注意なトラブルに巻き込まれないための知識

車買取 おすすめ

 

本当に車査定の一括サイトをつかって大丈夫なの?

 

車買取専門業者っていい評判聞かないんだけど?

 

ネットで検索していると

 

  • 車を引き渡してから修復歴が見つかったと言われて減額された
  • すぐにキャンセルしようとしたらキャンセル料を請求された
  • 売ると言うまで帰ってくれなかった
  • 強引にまるめこまれ車を持っていかれた
  • 代金が支払われない

こんな情報が目に入ります。

 

しかし、これは事前に知識がなかったから起こったことで、「どう防げばいいか」「どう対処すればいいか」を知っていれば問題ありません。

 

一括査定サイトを利用しない場合でも、車を売却する場合に起こり得るトラブルなのでしっかり対策しましょう。

 

万が一トラブルに巻き込まれてしまったときのために、相談場所を一番下で紹介しておきますね。

 

車を引き渡してから修復歴が見つかったと言われて減額された

 

これは、「二重査定」や「再査定」と呼ばれるものです。

 

わざと高めの金額で買取をして、車を引き取ってから

 

オークション会場で再度査定したら修復歴が見つかったので半額での買取になります。


と連絡がきて、キャンセルを申し出ると解約料や運送料を請求される事案です。

 

買取業者は「瑕疵担保責任」(目的物(あなたの愛車)に通常の注意では発見できない欠陥がある場合に、売り主(あなた)が負うべき賠償責任)を理由に減額を請求してくるわけですが、国民生活センターの見解で

車両に「隠れた瑕疵」があった場合、事業者は消費者に対し、瑕疵担保責任に基づいて損害賠償および契約解除を求めることができる。しかし、事業者は査定のプロであり、通常の注意を払えば修復歴などは発見することができるものであり、事業者側に過失があったということができる。このように過失があった場合には、瑕疵担保責任を求めることはできない。
また、「契約車両に重大な瑕疵の存在が判明した場合には、契約を解除することができる」といった、事業者の過失の有無に関わらず解除できる条文が契約書にあっても、この条文は消費者契約法第10 条(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)によって無効とする主張が可能である。
車両の瑕疵を理由にして、契約後に買い取り価格を減額された場合には、この考え方をもとに交渉すること。

出典:国民生活センター

としています。

 

要約すると、「査定員はプロなので修復歴を見逃したから減額なんて素人じみた行為は認めません。」ということです。あなたが事故歴を知っていて隠した場合を除いて、二重査定を拒否することができます。

 

また、補修歴を理由に契約の解除(あなたの売った車を返すから金を返して)を求めてきた場合も拒否することが出来ます。

 

さらに、二重査定に関してJADRI(日本自動車流通研究所)加盟の買取業者には明確なルールがあります。

中古自動車取引業界における一般的かつ標準的な車両検査において判明しない瑕疵であるか否かについては、中古自動車オークション会場において、車両検査を担当するものが通常有している車両検査能力を基準として判断する。

出典:一般社団法人自動車購入協会(JPUC)自動車買取モデル約款

 

このように、出張査定した査定員とオークション会場の査定員はおなじ能力とみなされるので、オークション会場の査定で新たに修復歴が見つかったなんて言い訳は許されないと決められています。

 

二重査定の予防策としては、

 

 

以前に知人が二重査定でもめた話を聞きましたが、御社は大丈夫ですよね?


と、二重査定について知識があることをアピールしておくことが大事になってきます。

 

すぐにキャンセルしようとしたらキャンセル料を請求された

 

基本的に契約書に署名・捺印した後のキャンセルはある程度のキャンセル料は覚悟しておいたほうが良いです。

 

ただ、不当な額のキャンセル料に関して国民生活センターでは

事業者に生ずべき平均的な損害額を超える部分について無効としている。解約料等が平均的な損害額を超えるかどうかは個別のケースによって異なる。平均的損害額を超える部分については支払いを拒否できる。 解約料を請求された際には、その内訳や合理的な根拠を示すよう要求すること。

出典:国民生活センター

と、「キャンセル料一律10万円」などと契約書に書かれていても、その内訳や合理的な根拠を提示できない部分に関しては支払う必要はないとしています。

 

ただしJADRI(日本自動車流通研究所)加盟の買取業者は

事業者が即決を迫り、消費者が冷静な判断ができない状態で契約し、後日、キャンセルができないといったトラブルが発生している為、消費者に契約車両引渡日の翌日までの無償キャンセル期間を与える趣旨である。消費者から事業者に対する契約解除の意思表示は到達主義とし、契約車両の引渡日の翌日が休業日である場合は、翌営業日までを無償キャンセル期間とする。

出典:一般社団法人自動車購入協会(JPUC)自動車買取モデル約款

と、あなたの愛車を引き渡した次の日までにキャンセルの旨伝えれば、無償でOKとなっています。

 

こちらの対策としては、売らない理由になりそうなことがあれば契約書に記入する前に解決しておくことが大事になってきます。

 

売ると言うまで帰ってくれなかった

強引にまるめこまれ車を持っていかれた

 

上記2つに関しては、1対1で査定が行われた時におきているトラブルです。

 

だらだらと値段交渉をしてきて、

  • もう本部も動いている
  • ちょうど探している人がいて買い手がついた

それでも断るとしまいには

  • 大勢の人が動いているのにどうしてくれるんだ
  • 売ってもらわないと困る

などと、意味不明なことを巧みな話術でそれらしく言って、売るというまでいつまでも居座るということもあるようです。

 

こちらの対策としては、複数社同時に集まってもらって査定すればこのような強引な買取交渉は防ぐことが出来ますよ

 

少なくとも査定員さん1人に対して、あなた側は2人以上で対応するように心がけたほうが良さそうです。

 

代金が支払われない

 

ごく稀に、買取業者の倒産等の理由によって代金が支払われないことがあります。

 

車を引き渡した後だとどうにも出来ない場合がありますので、小さな車買取店に売却する際に行うことは

  • 契約書・あなたの愛車と引き換えに現金をもらう
  • はじめにあなたの愛車を引き渡しても代金を受け取るまでは名義変更に必要な書類(委任状、印鑑証明、譲渡証明書など。車検証は、再発行が可能であるため不可)を渡さない

これが大事です。

 

ちなみにJADRI(日本自動車流通研究所)加盟の買取業者は

事業者は契約車両の引渡し及び移転登録書類等の引渡しがいずれも完了した時に同時履行に近い期間(最長でも金融機関の3営業日以内)で契約代金を支払うものとし、支払方法は現金もしくは振込みとする。

出典:一般社団法人自動車購入協会(JPUC)自動車買取モデル約款

となっています。

 

あなたの愛車と名義変更に必要な書類を引き渡してから銀行の3営業日以内に支払うこととされています。

 

もし金曜日に車も書類も渡したら

  1. 土曜日-金融機関休み
  2. 日曜日-金融機関休み
  3. 月曜日-金融機関営業日1日目
  4. 火曜日-金融機関営業日2日目
  5. 水曜日-金融機関営業日3日目

となって、遅くとも水曜日までには振り込まれることになります。

 

ガリバーやアップルなどのチェーン店ではおこらないトラブルですが、地元の企業の場合は何があるか分かりませんので、上記の対策しっかりとっておきましょう。

 

車を売るときは契約書を注意してみることが大事

 

車買取業者は、トラブルの大半で契約書を理由に私たちに不当なキャンセル料などを求めてきます。

 

国民生活センターの見解で、契約書に書いてあるからといって不当な内容は従わなくてもいいとなっていますが、トラブルになったら少なからず争う必要がでてきますので、穏やかではいられません。

 

そうならないためにも、契約書に署名する前に契約書の内容を確認してキャンセル料や瑕疵担保責任の条項で買取店に有利に記載されてないかをしっかり確認しておきましょう。

 

不安であれば、下の国民生活センターの自動車売却トラブルに関するレポートを印刷しておいて、買取業者さんと一緒に契約書と照らし合わせてトラブルの元をつぶしながら進めていくといいでしょう。

 

国民生活センター 自動車売却トラブルに関するレポート

 

車一括査定サイトの利用で要注意なトラブルのまとめ

 

どんなトラブルがあって、どう対処すればいいか分かりましたか?

 

そもそもトラブルが起きているのはごくごく少数で、ほとんどが問題なく売却できています。

 

しかし、そのわずかな確率であなたがトラブルに巻き込まれたら大変なので、車を売るときはこのページの注意ポイントを再度確認してくださいね。

 

もしトラブルにあったら以下にご相談ください。

JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)
電話番号 0120-93-4595(平日9:00〜17:00)
国民生活センター
ご自分の地域の消費生活センターに相談

 

また、JADRI(日本自動車流通研究所)加盟はトラブルに対して明確にルールを決めていることが分かります。

 

JADRI加盟店は同時に上記のJPUCの加盟店でもありますので、優先的に相談を受け付けてくれて買取業者に直接指導をしてくれると考えることが出来ます。

 

どこに愛車を売るか迷っているのであれば、JADRI加盟店であれば安心ですね。

 

当サイトの情報があなたの愛車の高値買取のお役に立てれば幸いです。

 

信頼のJADRI加盟店で査定をする