車 個人売買 デメリット

車の個人売買 | メリットはデメリットに勝つことはできるのか

車査定 おすすめ

 

車を売るときに最も高値になる可能性があるのが個人売買です。

 

ただ、個人売買には「トラブルの危険」がつきまといます。

 

あなたも車の個人売買での失敗談を目にしたことがありませんか?

 

こちらの記事では、個人売買メリット・デメリットからどのように愛車を売るのがベストなのかをまとめました。

 

車の個人売買のメリット・デメリット

車査定 おすすめ

 

車の個人売買のメリット

 

高く売れて、安く買える

ディーラーや中古車販売店をとおさないため、中間マージンがとられない。そのため売る方は高く、買う方は安く車を手に入れることが出来ます。

 

消費税がかからない

車買取店にあなたの愛車を売る場合も、中古車販売店から買う場合も消費税がかかりますが、個人売買では消費税がかかりません。

 

車の個人売買のデメリット

 

書類作成など事務処理がたくさんある

ディーラーや車買取店であれば代行してやってくれるものを、個人売買では自分でやる必要があります。

  • 車庫証明や名義変更は土日祝日は受け付けてもらえない
  • 車庫証明は発行まで3日程度かかる

以上のことから土日祝日休みの方は平日2日やすむ必要があります。

 

車庫証明と名義変更の代行サービスがありますが、4万〜5万円の手数料がかかります。

 

クルマの受け渡しのタイミングが難しい

「本当にお金を払ってくれるのか?」「車が故障していないか?」と売る方も買う方も不安の残る個人売買。お金と車両を同時に交換できれば良いのですが、オークションで遠くの相手と取引するときに注意が必要です。

 

トラブルの危険がある

よくあるトラブル

トラブル1.引き渡し後の車の故障

個人売買の車は売却前に車体をしっかりチェックしていることが少ないです。もし買ってすぐに故障しても保証がないため買った側が損することがあります。

 

トラブル2.名義変更されない

名義変更は書類をそろえれば個人でも簡単にできますが、書類をそろえることが大変です。名義変更が済んでないと売り主に税金などの請求がきてしまいます。

 

 

他にもオークションで面識のない人と取引するときはクレーマーにあたる可能性もあります。あなたが当たり前のことをしていても、意味の分からないことを言ってきて消耗させられるなんて話も聞きます。

 

車の個人売買 | メリットはデメリットに勝つことはできるのかのまとめ

 

トラブルになる可能性の少ない友人に売るのであれば個人売買はアリだと思います。

 

ただ、あなたの愛車が友人の手に渡ってすぐに故障しないとは言い切れない不安な部分は残りますが。

 

オークションでの取引はトラブルも怖いですが、「その金額であなたの愛車はすぐに売れるのか?」という問題もあります。

 

時間に余裕があればいいですが、「できるだけ早く売りたい。」という場合はオークションには向かないと思います。

 

管理人は車の売買の取引金額が大きいこともあり、トラブルにあったらお財布と心にでっかいダメージを負うというリスクが恐ろしいです。

 

メリットとデメリットをふまえると

個人売買が向いている人

  • リスクよりとにかく高く愛車を売りたい
  • 車をいつまでに売るという期限がない
  • 平日時間に余裕がある(買う側)

下取り・車買取業者へ売却が向いている人

  • 余計なリスクは背負いたくない
  • 車をいつまでに売るという期限がある
  • 平日に手続きが出来ない(買う側)

このようになります。平日の手続きは買う側の問題ですが、名義変更をしてくれないと売ったあなたもトラブルに巻き込まれます。

 

あなたが車を売る側でも相手が初めての個人売買の場合は、手続きについての知識があるか確認しておく必要があります。

 

管理人は「安心して売りたい。」「損しないように高く売りたい。」という気持ちが強いので、いつも車一括査定サイトを利用しています。

 

あなたもトラブルで消耗したくなければ車一括査定サイトを利用してみませんか?

 

→一括査定サイトで交渉なしで高値を引き出す管理人おすすめの方法

 

→管理人のおすすめの一括査定サイトランキング

 

 

おまけ ヤバい先輩の話

 

会社の飲み会で先輩二人と私の3人で、私の新しく買う車の話になった時の出来事です。

 

先輩Aさん

 

今乗ってる車いくらで売るの?


 

62万で買い取ってもらうことになりました!


先輩Bさん

 

だったら俺が60万で買ってやるよ。


 

「え?どういうこと?」と思いましたが、ボケかと思って

 

2万やすくなっちゃってるじゃないですか?( ´∀` )


先輩Bさん

 

どっかのしらない奴が乗ってるより俺が乗ってるほうが安心だろ?ちょうど車乗り換えようと思ってたんだよ。


 

先輩Bが本気で言っていると分かり、私と先輩Aさんが( ゚д゚)ポカーンとなっているのに

 

車検があと半年しかないなら50万だな。


 

一括払いは無理だから毎月3万の17回払いで。


と、本気で話を進めようとする先輩Bさん。

 

「いやいやいやいや、この先輩変わってる人だなと思ってたけど、変わってるどころじゃなくヤバい人だ。70万で買うと言われてもこの人には売りたくない」と感じるのに十分な出来事でした。

 

このあと、私が「先輩Bさんに売っても損するだけじゃないですか(´・ω・)」とやんわり流そうとしても、先輩Bさんは自分の事しか考えてない主張を続けました。

 

先輩Aさんがどうにか納めてくれましたが、それからもヤバいっぷりをみせつけてくれました。

 

会社ではもちろん、私が先輩Bさんに引き継いだ取引先でも

 

あいつはケチくさいやつだ。信用しないほうが良い。


と言ってまわっていたのです。

 

会社の人達も取引先の方も私を心配してくれてありがたかったですが、「なんでそんなこと言われなきゃならないんだ?」と一時期会社に行くのが嫌になりました。

 

その事件の1年後に先輩Bさんは退職しましたが、その時心の底からほっとしたのは想像に難しくないと思います。

 

このように世の中いい人ばかりではなくヤバい人もいるよってことと愚痴でした。すみません。