車査定 事故車 基準

車査定で減額になる事故車の基準を知らないあなたは損をする

車査定 おすすめ

 

「車コスッたことあるから査定低いだろうな。」

 

「事故おこしてドア交換してる事故車だから高値は期待できないな。」

 

このように高値であなたの愛車を売るのをあきらめていませんか?

 

実は修理していればすべてがマイナス査定になる訳ではないんです。

 

事故歴と修復歴は違います。大幅な減額になるのは修復歴がある車です。

 

この記事はマイナス査定の対象となる「修復歴アリ車」となるのはどういう場合なのかについて解説していきます。

 

車が「修復歴アリ」になるのはどういう場合なの?

 

どういう場合に「修復歴アリ」になるかざっくりいうと「シャーシなど骨格部分にダメージを受けたもの」になります。

 

勘違いしがちですが、

  • 車をこすってしまって板金補修した
  • ドアやバンパーを交換した

など車の骨格部分ではない箇所の修理では、マイナス査定の対象になる「補修歴アリ」にはならないです。

 

マイナス査定の原因の「シャーシなど骨格部分」でどこ?

車査定 おすすめ

引用:日本自動車査定協会

 

コチラの図を見ても、管理人は「んんん・・・よくわからん。」となってしまい理解できませんでした。

 

そこで知り合いの整備士に聞いてみたところ
ネジで外せない溶接でくっつけられた一番大きなかたまり
と言われ、やっとなんとなく理解できました。

 

 

この動画の溶接でくつけられているのが骨格部分ですね。ちょっとわかりずらいかもしれませんがなんとなく理解しておけばOKです。

 

なぜなんとなくでいいかというと、修理をお願いした板金業者やディーラーに「この車を売るときに修復歴アリになる部分を修理しましたか?」と聞けばいいからです。

 

なぜ補修歴があると大幅な減額になるの?

 

補修歴にあたる「車の骨格部分」に大きなダメージがあると完璧に直すのが難しいです。

 

この骨格部分のバランスが崩れると

  • 走行に影響する
  • 故障が起きやすい

と言われています。

 

しかし、実際は修復技術の向上で問題なく乗れるまで直っている車もたくさんあります。

 

修復歴ありの車が大幅な減額をされる大きな原因は

  • 事故車は壊れやすいイメージがあって買い手が付きづらい
  • 事故車は縁起が悪いという印象がある
  • 事故車を売っている中古車販売業者は不信感をもたれる

ということです。

 

なによりあなたも事故車を買うのは嫌ですよね。他の人も事故車は嫌です。売れるかどうかわからない車に高値はつきません。

 

事故車を出来るだけ高値で売却した人はコチラ

 

あなたの車の「シャーシなど骨格部分」を補修したかどうすればわかる?

 

過去に事故で修理したけど、骨格部分まで補修したかどうかわからないということがあるかもしれません。

 

その時はあたりまえのことですが、修理を依頼した業者に聞くのが一番です。

 

右側だけドアを閉めるときに違和感があるなど分かりやすい場合もありますが、私たち素人に補修跡を探すのは難しいです。

 

電話で時期やどんな事故だったかを説明して教えてくれる場合もありますが、板金業者さんに履歴がなくわからない場合もあります。

 

そんな時は、車を修理してくれたディーラーや板金業者に持っていきましょう。整備士の友人曰く「普通の整備士なら車を見れば思い出す」そうです。

 

あなたの売ろうと思っている車が新車で買ったものであれば、絶対確認したほうが良いです。

 

中古車を買った場合はあなたが乗る以前の履歴がないので正確にはわかりませんが、新車で買った場合に修復歴のアリナシを知っておけば大幅な減額が避けられます

 

修復歴に関するトラブル

車査定 おすすめ

 

ごく一部の悪い査定員は、私たちユーザーの「事故があった車は高く売れない」という常識を逆手にとって減額してくることがあります。

 

修復歴がないのに有りと偽って減額を迫ってくる

 

査定員は基本的に「補修歴があるんじゃないか?」と疑って訪問してきます。ちょっとでも疑わしい場合は「修復歴が見つかりました」と言ってくる場合があります。

 

しかし、あなたが愛車の修復歴をしっかり認識していれば強気に反撃できます。

 

 

修復歴はありません。どこにどのような補修跡がありますか?それはどのような事故をおこしたときにできる補修跡ですか?


と、しっかり確認することが大事です。納得できなければその業者に売らないという判断をすればいいだけです。

 

事故歴を補修歴と偽って大幅に減額を迫ってくる

 

大半のユーザーは『事故歴=補修歴=売却時の大幅な減額』と思っています。

 

査定時に事故歴を申告することは大事です。

 

ただ、『シャーシなど骨格部分の修復してなくドアの交換だけ』の事故の場合の伝え方を間違えてはいけません。

 

 

バックした時に後ろをぶつけてドアを新品と交換をしています。ただ補修歴にあたる骨格部分は無事だったのでラッキーでした。


と、伝えましょう。そうしないと

事故で修理したことがあるだけで「修復歴アリ車」と同じ大幅な減額をされることがあります。

 

修復歴の知識をありますよと査定員にさりげなくアピールすることでマイナス査定を避けることが出来ます。

 

車査定で減額になる事故車の基準を知らないあなたは損をするのまとめ

 

事故歴があるからといって必ず大幅なマイナス査定をされるわけではありません。

 

車査定の時に大幅に減額をされる「修復歴アリ」の基準は

車の骨格部分で、ネジで外せない溶接でくっつけられた大きな塊の修復

になります。

 

事故歴があり修理はしたことあるけど、「骨格部分」にはダメージがなかった場合に大事なのは

修復歴について知識あるよとさりげなくアピールする

ことが大事です。

 

事故歴があるからといって必ず大幅なマイナス査定なるわけじゃないことはわかりましたでしょうか?

 

この記事で少しでも損する人が減ってくれれば幸いです。

 

車査定のトラブルのまとめはコチラ

 

管理人おすすめの方法であなたの愛車を高値で売る方法はコチラ