車査定 高値 おすすめ

下取りでも高値を引き出せるかもしれないですよ

車査定 おすすめ

 

今まで下取りで高値で売れるなんて考えたこともありませんでした。

 

下取りといいますか、これから車を買う業者に自分の今乗っている車を売るっていうことを考えなくなっていたんですよね。

 

そんな今までの考えが間違ってたと友人からの電話で痛感させられました。

 

車一括査定の競りの時にかかってきた1本の電話

 

友人が車を乗り換えるので、今乗っている車を売ることになりました。。

 

売る車はスズキのアルトラパンで年式は2007年で走行距離は65,000km。

 

管理人おすすめの競りがいいよと伝えたところ、「それなら私もできそう。」と車一括査定サイトを利用することに。

 

申し込み・競りと順調に進み、一応聞いていた下取り価格90,000円が、買取専門業者4社による競りの結果150,000円になりました。

 

競りが終わった直後にちょうど次の車を買う販売店から納車日の件で電話がきたときのことです。

 

車買取業者と話があるので電話を折り返すと伝えると、金額を聞かれたので答えると

 

販売店から「うちで160,000円で買いますよ。

 

と衝撃の一言を浴びせられる。

 

そんなことがありながらも結果、友人は競りにきてくれた業者に150,000円で売りましたとさ。

 

販売店に売ることも含めて戦略的に考えてみる

 

今回の電話がかかってきた後の行動は3パターンありますよね。

 

  1. 150,000円で競りで勝った業者に売る
  2.  

  3. 160,000円で販売店に売る
  4.  

  5. 競りで勝った業者に160,000円出すって業者がいるがそれ以上出せないか聞く

 

友人はパターン1を選びましたけど、正直自分だったらパターン2か3を選びますね。

 

販売店に売るのが10,000円高いってこともありますが、なにより車を売るのと買うのが同じ業者って楽なんですよ。

 

全部の手続きが1箇所で済みますから。

 

パターン3を選ぶとしたら、買取専門業者の担当者が話やすい人なら交渉します。

 

話しづらい人だったらパターン3は私は選びません。

 

それをふまえてこれから取り入れていこう思うのは、

 

競りが終わったら販売店に競りの金額で買取できないか聞く

 

です。

 

競りの金額が許容範囲内であれば、値上げ交渉というよりも同じ金額でも車を売ると買うを1社で済ませたいから取り入れていきたいと思いました。

 

下取りでも高値を引き出せるかもしれないのまとめ

 

交渉が得意な人は、このように金額をこっちの業者あっちの業者となんども繰り返して1円でも高く売れるようにしています。

 

ただ、私は交渉が苦手なので、車一括査定サイトで集まってもらった業者に競りをしてもらって、その金額を販売店に提示してみるのが精いっぱいですね。

 

はじめにも書きましたが、販売店に売るなんて考えたこともなかったので今回のことは勉強になりました。

 

ちなみに友人が、販売店に売らなかった大きな理由は、「160,000円だせるなら初めからそう言えよ。」ってムカついたからだそうです。

 

友人の気持ちも分かりますが、アチラは車を安く買い取るのが仕事ですからね。

 

こちらが何もしないで愛車を高く売るなんてまず無理ですから。

 

管理人おすすめの競りで愛車の高値を引き出す方法はコチラ

 

車一括査定サイトのおすすめランキングはコチラ