車査定 おすすめ

車の一括査定したけど高く売れなかった3つの失敗はコレだ!

車査定 おすすめ

 

車査定の一括サイトを利用しても、正しい使い方をしないと高く売れない場合もあります!

 

この記事では、会社の先輩がやっちゃった一括査定サイトの間違った使い方と、どうすれば高く売れたのかを紹介していきますね。

 

中古車一括査定サイトの間違った使い方

 

先輩が車査定で高く売れなかったポイントは3つです。

 

  1. 相場金額も見ずに希望金額を伝えた
  2. 下取り額を最後に聞いた
  3. 最初の金額だけを見て一番高い会社に売却した

 

1.相場金額も見ずに希望金額を伝えた

 

先輩はくネットの「一括査定をすれば高く売れるよ!」って情報だけを見て利用してしまいました。

 

車買取専門会社からの電話で「ご希望の金額はございますか?」と聞かれて、自分の主観で「15万円ですかね?」と答えてしまったそうです。

 

しかもそれが、相場金額より安い金額だったので査定員さんは大喜びだったでしょう。

 

2.下取り額を最後に聞いた

 

下取り額を最初に聞いていれば、買取専門会社からの「ご希望金額は?」で相場より安く言うなんてことなかったのに残念なことをしてしまってます。

 

ネットの情報を鵜呑みにして「一括査定サイトを利用すれば高く売れる。」ってことしか頭になく、下取り金額を聞くという考えがなかったそうです。

 

3.最初の金額だけを見て一番高い会社に売却した

 

A社とB社は別々の時間に査定してもらっています。

 

先輩のまずい流れは以下です。

希望金額を「15万」と伝える

 

A社査定結果「17万」

 

B社査定結果「いますぐ売ってくれるなら20万出します」

 

ディーラー「22万」

 

これはA社もB社も軽いジャブを打ってきているだけだったんですよね。

 

ディーラーに代車を貸してもらえるか聞いたところ、「こちらで22万で買い取りますよ。」と言われディーラーに決めてしまっています。

 

その後のまずいポイントは、買取専門業者の電話を着信拒否にしたところです。

 

ここで、ディーラーの値段を言えば高値を引き出せたのに。

 

車買取査定員さんは車を安く買うプロだということを知らないとこうなります。

 

では、どうすればよかったのか説明してみます。

 

車査定はこうすれば高く売れる

車査定 おすすめ

 

まずかった行動の修正ポイントはこちら。

 

1.相場金額を事前に調べ希望金額は伝えない

 

相場金額の確認方法も記事にしてますので事前に必ず確認しておきます。

 

希望金額はぜったいに話してはダメです。安いとその金額をターゲットにされますし、高すぎると何も知らないと甘くみられます。「御社のベストの金額をお願いします。」と答えておきましょう。

 

2.下取り金額は一番初めに聞いておく

 

下取り金額は大事な相場金額の一つになります。必ず初めに聞いて、下取り金額より高く売ることを意識します。

 

3.1社づつ査定するなら少しは交渉が必要

 

複数の業者に査定してもら『相見積り』はしてますが、そもそも相場より低い金額で始まっているので本当のスタートはディーラーの下取り金額を聞いてからだったんですよね。

 

1社づつ別々に査定してもらうなら交渉をするべきでした。車買取専門会社は販売ルートをたくさん持っているので、ディーラーの下取りより安くなるなんてまずありえないですから。

 

車買取専門業者の電話に出て「ディーラーで22万と言われましが?」と伝えなかった先輩には「このバカチンがぁ!」としか言いようがないっす。

 

交渉で高値売却の仕方はコチラにまとめてますのでご参考にしてください。

 

交渉や駆け引きが苦手なら『競り』が最強

 

正直管理人は交渉が苦手です。でも車は高く売りたいです。

 

そこで車を高く売るために実践しているのが、車査定一括サイトを利用した『競り』になります。

 

管理人おすすめの『競り』の手順と注意点を詳しく説明してますので、あなたの愛車の高値売却のお役に立てればうれしいです。